トップへ
 

3月1日~2日講義

 
   講師 國吉康夫(KUNIYOSHI Yasuo)
   情報理工学系研究科/工学部教授
 
  専 門 「ロボット学・知能システム情報学」  
 
  略歴紹介 1991年東京大学大学院工学系研究科修了,工学博士,同年電子技術総合研究所研究員,1995年同主任研究官, 1996年~97年米国マサチューセッツ工科大学人工知能研究所客員研究員,2001年東京大学助教授,2005年同教授.身体性に基づく認知の創発と発達,模倣の科学,ヒューマノイドロボットなどの研究に取り組んでいる.研究論文等約450篇,編著書19篇.日本ロボット学会研究奨励賞,同論文賞,佐藤記念知能ロボット研究奨励賞,IJCAI Outstanding Paper Award,ゴールドメダル「東京テクノ・フォーラム21賞」等受賞.日本学術会議連携会員.日本ロボット学会,人工知能学会,情報処理学会,IEEE, 日本赤ちゃん学会などの会員.
 
■講義概要
「ロボットにおける身体性と認知・行動の関係」
実世界で行動する知能において,情報処理だけでなく身体性の効果が極めて重要なことが分かってきた.本講義ではまず,ロボットの認識や行動のために,身体の物理的・幾何学的性質がいかに重要な役割を果たすかを,全身でのダイナミックな動作や能動的な視覚機能などを例にとって具体的に説明する.次に,行動や認知の発生・発達を考えるとき,身体性こそが情報源となることを指摘し,身体から多様な可能性を引き出す原理を呈示する.最後に,ロボティクスの手法に基づいて構築した人間型の胎児・新生児発達シミュレーションモデルの研究を紹介しつつ,「身体が脳をつくる」という考え方を説明する.
この新しい考え方は,人間の知能の原理解明に新たな光を投げかけるだけでなく,従来の固定的プログラム方式と全く異なる柔軟で適応的なロボット知能の実現に向けた新たな方法論にも結び付くものである

国吉 康夫

<机器人的肢体性与认知行动的关系>

关于在现实世界里智能驱使行为行动这一过程,经研究表明其关键不仅只限于信息处理,肢体性的效果在其中也具有颇为重要的地位。在本讲义中,首先通过列举全身性行为动作及能动性视觉机能等实例,来具体说明对于机器人的认知和行动,肢体的物理性几何性如何发挥其重要作用。然后指出,对于认知和行动的发生发展,肢体性才正是其信息源,同时将提出能够发掘肢体的多种可能性的原理。最后,通过对基于机器人工学手法而构筑的人类胎儿新生儿智能发展模拟模型研究的介绍,来解释说明“肢体创造大脑”这一理念。

这种崭新的思考理念,不仅为解明人类智能原理带来一线新的光明,而且有望衔接新的方法论,摆脱固有的呆板程序方式,实现灵活机动且适应性强的机器人智能开发。