トップへ
 

日誌

今日の南京 >> 記事詳細

2014/04/06

3月27日 特設講義 刈間文俊先生『映画と字幕翻訳』

Tweet ThisSend to Facebook | by:LAPスタッフ

 先週の食事の際、南京大日本語学科学生がした、ふとした質問がきっかけとなり、刈間先生が急遽映画字幕の翻訳に関する特設講義を開講することになりました。

昨今、中国のネットには、字幕がついた海外映画やドラマが多くあります。これらの字幕は、ボランティアにより制作されたものです。南京大学にも字幕翻訳のボランティアの仕事をしている学生たちがおり、彼らは自分で翻訳のスキルを磨きながら、字幕の翻訳作業を行っています。そこで、刈間先生は彼らにご自身の翻訳・字幕制作の経験を伝えることを目的に、実習を含んだ特設講義を企画、開催しました。

講義では、先生はまず日中映画字幕の歴史について簡単に紹介されました。サイレント映画時代は、日本映画には活弁士がつくことに対し、中国映画には字幕がついていました。こうした状況はトーキー映画の登場により変化し、日本映画にも字幕がつくことになり、他方中国映画では吹き替えが流行しました。吹き替え、字幕それぞれに長所があり、吹き替えは映画の内容を分かりやすく伝え、他方字幕は観客に外国の生の情報・雰囲気を直接に感じさせます。

刈間先生は学生時代に山崎剛太郎先生について、字幕翻訳の仕事を始めました。その当時、字幕制作は一回の映写で字幕を完成しなければならず、失敗は許されません。35ミリフィルムに字幕を入れる方法は、フィルムに一コマずつ(1)金属の型で打つ、(2)薬品で脱色する、という2つの方法がありました。1970年代から80年代の中国映画は、費用の安い(1)の方法が多かったようです。

字幕の歴史の概説に続いて、刈間先生は映画字幕翻訳・制作の技術と考え方を解説されました。映画の主役は映像、画面であり、字幕はあくまで情報を追加するための補助です。また字幕は単なる翻訳ではなく、字幕には映画構成の一部としての「演出」が求められます。つまり、字幕は観客に「読ませる」ものではなく、会話の流れの中で、登場人物の感情の変化や展開される主張を明示するものでなくてはなりません。このような字幕を作るには様々な技術と工夫が必要です。例えば、読みやすい字幕の目安は1秒に4文字で、良い訳は言葉を短くするのではなく、ポイントをつかみ、瞬時に感情や言葉の背景にある意味を提示することが求められます。

授業の後半には、陳凱歌監督に依頼されて刈間先生が字幕をつけた『捜索』2012年)を実践例として、受講者たちにも実際に訳してもらいながら、翻訳のポイントを説明しました。このような実習を通して、受講学生たちに、いかに監督の意図を尊重し、映画の登場人物の心理を分析し、その性格を的確に表現した字幕をつくるか、その実践方法を教授されました。

(白佐立)






20:35 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)